結婚指輪をすることで

私は既婚しています。

もちろん、結婚指輪も付けています。

結婚指輪は結婚している男女であればたいてい付けている事が多いものだと感じます。

指輪を付けることで既婚者という事がすぐにわかるのです。

自分自身、結婚指輪を見るたびに自分が既婚者であると自覚させられます。

主人との信頼関係があるので、指輪がなくても関係が崩れる事はないと思いますが、繋がっているという安心感に駆られます。

まだ、独身だった頃は飲み会の相手が指輪をしているか確認してから声をかけたものです。

既婚者はすでに相手がいるので付き合うことができませんので、指輪をしているしていないで判断をしていたのです。

指輪がなければ、主人がどこかで女性に声をかけられるかもしれないという不安もあります。

そのような意味でも結婚指輪には永遠の配偶者としての誓い以外に、未婚者の接近を阻む効果もあるのではないかと私は考えています。

参考サイト/銀座の結婚指輪情報駆け込み寺

結婚が決まった際、結婚指輪を2人で選ぶのもとても幸せに感じました。

自分の好きな相手とお揃いで付けられる事、そしてその指輪は職場堂々としてもいい社会的にも認められているものということが、私の場合は本当に結婚したという実感にもつながりました。

結婚指輪大百科 Copyright (C) mass-hysteria.net. All Rights Reserved.